バーのバイト・求人情報

条件,時給,時間,日数を絞り込めます

地図からバーのバイト・求人を探す

  • 島根
  • 鳥取
  • 岡山
  • 山口
  • 広島
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
バーのバイトならフーズフーにおまかせ!

体験談

バーでバイトした経験がある方に楽しかったこと、つらかったことを聞いてみました。

意外と多い意見が「仲間ができる!」ということ。中には「一生付き合える仲間ができた!」という方もいらっしゃいます。

バー でのアルバイト。

バー でのアルバイト。

私はバー でのアルバイトをやっていたことがありまして、そこでは多くのことを学ぶようなチャンスがありましたので、本当にそれはいいバイトであったのだと強く感じているところであります。では、具体的に言いますと、このバイトを始める前は、バーでバイトをしていると酔ったお客さんに無理矢理からまれてしまうことがあると聞いていました。特に女の子の場合は男性のお客様に絡まれやすいのだそうです。しかしながら実際にこのバイトをやってみますと、そのようなことは一切なく、上品なお客様ばかりがバーに来ているような様子でありましたので、安心してバーでアルバイトをやっていくことができました。すこしだけ大人の世界が味わえるバイトです。
バー でのアルバイトについて。

バー でのアルバイトについて。

私は以前バー でアルバイトをしていました。夜遅い仕事に慣れず結局そこは辞めてしまったのですが、そこで学んだ経験は今でも生きています。バー は大人の空間です。若者の多い居酒屋と違ってチャージもありますしお飲み物も一杯の単価が高いので、お客さまの質は居酒屋などとは比べ物になりません。お一人でいらっしゃる方とは積極的にお話することもあります。バーへやってくるお客さまは落ち着いていらっしゃる方が多いので、勿論お話が上手い方が店員として良いのですが、対象口下手の私でも、年代を問わず落ち着いて会話を行うことが出来ました。お見えになる方の職業も様々ですので、色々なお仕事の内情をお聞きしたり、たまにお酒を頂いたりしながら働けるので、騒がしいのが苦手な方にもオススメしたいです。
バー のアルバイトについて

バー のアルバイトについて

バー でアルバイトをしていたことがあるのですが、そこは非常に特殊な空間でありました。それはなぜかといいますと、私はバー以外にもいろいろなバイトをやっていた経験がありますが、このアルバイトほど他者と深くかかわっていくことは今までに一度もなかったからであります。つまりそれはどういうことかというと、バーで仕事をしていると、酔ったお客様とお話をするようなことがしょっちゅうありました。酔った人というのは本心を語ってくるものでありますので、自分に対してそれをぶつけてきますので、かなり深い会話をすることがたびたびあったのです。そういったことを繰り返しているうちに、私はいつの間にか人の気持ちがよく分かる人間になりました。
バー のアルバイトについて

バー のアルバイトについて

僕はバーのアルバイトをしている者でありますが、初めのころこそなかなかそのカクテルをつくるという作業になれずに手間取ってばかりいました。見かねた先輩が何度も僕にカクテルの作り方を教えてくれたり、営業中に担当を代わってくれたりしていたのですが、いつまでもこのままではダメだと思い直し、自分から積極的にカクテルやバー の勉強をしてテクニックを向上させていくことにしたのです。そうすると、いつの間にか僕の作るカクテルはお客様たちの間で少しずつ好評になっていき、気が付けば褒められるほどになっていました。これはとてもうれしいことであり、ここから僕は大切なことを学びました。アルバイトといえど、努力の姿勢は大事なのです。

メリット・デメリット

バイトするにも長所もあれば短所もあります。チェックしておきましょう!

バー のアルバイトのメリットは
バー のアルバイトのメリットは話術といったコミニュケーション能力の向上です。普段は控えめで、人と話すのが苦手な人でもバーでの業務中なら自然に会話ができます。求められる会話力の最低ラインが低く、それこそ気負いなくコミュニケーションがとれるからです。特にお酒を出す場所ですから客が酔ってフランクに接してくることも要因の一つです。居酒屋などと違う点にほとんどがカウンター席であり、従業員と客の距離が近いということも挙げられます。酒癖の悪い客には波風が立たないようにいなす力が必要になりますし、客との会話の中で日常で使える話題やフレーズを見つけることもできます。こういった刺激を受けれる環境が最大のメリットです。
バー のアルバイトのメリットは
バー のアルバイトのメリットは、夕方から夜に働くことが多いので朝や日中を好きなように使えることです。学生ならば学業に専念できますし、他の仕事をしている人も昼と夜の両方の仕事を難なくこなすことができますし、日中友達と遊ぶ約束をしたり趣味に没頭することもできます。また、バーでは普通アルコールを扱いますから、アルコールが好きな人やアルコール知識を持っている人はその能力を活かすことができます。そして最も面白いのは、お客とのコミュニケーションです。毎日様々なバックグラウンドを持った人々と会い、話をすることができるので刺激的ですし、互いに愚痴や悩みなどを吐き出してスッキリしたり、面白い話をして気分を盛り上げることもできます。
バー のアルバイトのメリットは
バー のアルバイトのメリットは 、お酒の種類を覚えられることです。
バーにくるお客さんは、お酒をのみにくる人がほとんどです。
お客さんにカクテルをつくったりすることは、お店により店員や店長がおこなうところがほとんどですが、アルバイトでも作る人もいます。
お酒の種類は何百種類あります。
お客さんに何を言われても答えられたり提供できたりしなければなりません。
ですので、お酒の種類は自然と頭のなかに入ります。
また、バーではお客さんの話し相手になることもあります。
お客さんを少しでも楽しませるように、コミュニケーション力や情報力が大切になります。
お客さんとお話をすることで、コミュニケーション力と情報力が身に付くのもメリットのひとつです。
バー のアルバイトのデメリットは
バー のアルバイトのデメリットは、店のオープン時間の都合で夜遅くまで働くことが多いことです。バーにもよりますが、閉店時間まで働いたら後片付けなども含めると帰宅時間が零時をすぎることも珍しくはありません。それを本業としているならまだしも、アルバイトの場合は日中に学校に通っていたり、他のアルバイトをしていることもありますから、どうしても体内時計が狂う生活には馴染めないこともあります。また、睡眠のズレから健康を損ねたり、女性にとって大切な肌が荒れてしまうこともあります。そして、仕事柄アルコールを扱うので酔って絡んでくる客もいます。仕事上はねのけるわけにもいかないので、彼らの存在は時にストレスになります。

Q & A

バーバイトの疑問・質問にお答えします。

「バー のアルバイトって、接客業ですから爪の長さに気をつけたほうが良いのでしょうか?」
飲食を扱う店では、衛生面が重要になります。清潔感のある店の方が良い印象を与えます。女性は男性よりも爪を長くすることが多いので爪に対して無頓着とも言えます。爪の長い人と短く整えている人を比べた時どちらが衛生面でより良いかを考えれば短い方が印象には良いです。
「バー のアルバイトでアクセサリーを身に着けたいのですが、身に着けても問題ないのでしょうか?」
必要以上に華美なものを避ければ、問題はないと思われます。大きなピアスを耳から下げたり胸元に何重にもネックレスを巻いたりするのは、さすがに飲食店向きではありませんが、小さな石のみのピアスや細身のシンプルなネックレスなどは着用してもよいのではないでしょうか。
「バー でアルバイトは、髪型についてこうしなければいけない等決まりがあるのですか?」
飲食をお客様へご提供する立場ですから、基本的に清潔感のある身だしなみが大切です。髪型についての決まりは特にありませんが、お客様が不快に感じられるような奇抜なものは認められないことが多いでしょう。
「バー のアルバイトって、一体どんな感じの服装で出勤したら良いのでしょうか?」
お店の雰囲気にもよりますが、基本的には、お客様が清潔感とスマートさを感じられる服装が良いです。ワイシャツに黒のパンツが一般的と感じます。シャツの色は、白、ブルー、薄いピンクやなどの無地系のもの、あまり自己主張せず、ピンバッチなどの小さなアクセサリーやシンプルなベストなどでアレンジも良いです。
「飲食店(バー )でのアルバイトを検討していますが、ユニフォームは貸していただけるものなのでしょうか」
お店によって変わりますが貸与がないところもあります。気になるようでしたら応募時に確認してみると良いでしょう。
「バー のアルバイトって水商売ですからかなりの高収入だと聞きましたが、実際の時給はどのくらいなのですか?」
たしかに高収入なことが多いですが、夜間の勤務が多かったり、昼間のお店では見かけないような客層が来店したりもします。
「バー のアルバイトって、どんな仕事内容があるのですか?また大変な仕事内容ってどんなところですか?」
いわゆるカフェバーという業態でアルバイト経験があります。カウンター内で飲み物を作ったり、食器洗い、配達された酒類の管理や空き瓶を出す作業、清掃などが主な仕事でした。大変だったのは、酒類を奢ってくださるお客様の対応。角が立たないように遠慮してもしつこく言われ、飲まなければいけない時がありました。
「バー のアルバイトって、一緒に働きたい友達がいたら、紹介して一緒にアルバイトしてもいいのでしょうか?」
以前、アルバイトを探して友人に相談したことがありましたが、そのお店は、友達同士の業務中のおしゃべりなどを懸念し「友達は雇わない」という方針でした。このように、友達同士の馴れ合いを心配されるかもしれませんので「仕事として真剣にお金を稼ぎたいんだ」という姿勢をアピールするとよいと思います。
「バー のアルバイトは未経験でも大丈夫ですか?」
接客の面や飲料の提供に関しては未経験でも問題ありません。ただ、夜の仕事は日中の仕事に比べて体力を要しますし、酔客の相手に関しては向き不向きもあります。そういった部分について特に抵抗感がなければ、バーでの就業が未経験の方であっても大丈夫です。
「バー のアルバイトって、大学生や専門学生でも仕事をすることができますか?」
募集するかどうかはお店によって違いますが、そこでのやり方、手順を学べば、学生でも十分に対応できる仕事だと思います。飲食関係は清潔さと、お客さんと接する場合は、笑顔が一番大事だと思います。それに加えて、広範囲で気配りできれば、更に満足させられる仕事になると思います。
「バー のアルバイトは、髪の色に指定はあるでしょうか、何色でも良いですか?」
さまざまな年齢層の方と仕事をしましたが、どの方も常識の範囲内での髪の毛の色でした。接客業ですのでお客様に不快な思いをさせない程度の染色であれば問題ないとは思いますが、不安でしたらバイト先の方に「自分の髪の毛の色で問題はないか?」を確認するのが一番間違いがないように思います。

バー のアルバイトとは

バー のアルバイトとは、お酒を提供していくことがメインとなっていきます。その主な仕事の内容としましては、バーの担当であればお客様が注文をしたものに沿ってカクテルをつくったり、時にはお客様と会話をすることも仕事の一部となってきます。また、グラスを拭いたり、厨房担当であればおつまみを提供することもあるでしょう。この仕事をするうえで一番気を付けていかなければならないポイントは、やはりアルコールを提供していくアルバイトでありますので、お客様の様子をしっかりと見極めていくことが大事であります。あまりに飲ませすぎても駄目ですし、逆に飲みたがっているお客様に酒を出さないのも駄目です。ですので、人を良く見れる人が向いている仕事です。

おすすめバーバイト

人気のバーバイト

ページのトップへ