パン屋・スイーツのバイト・求人情報

条件,時給,時間,日数を絞り込めます

地図からパン屋・スイーツのバイト・求人を探す

パン屋・スイーツのバイトならフーズフーにおまかせ!

体験談

パン屋・スイーツでバイトした経験がある方に楽しかったこと、つらかったことを聞いてみました。

意外と多い意見が「仲間ができる!」ということ。中には「一生付き合える仲間ができた!」という方もいらっしゃいます。

女性がパン屋でアルバイトをすることへのメリット

女性がパン屋でアルバイトをすることへのメリット

パン屋で働く場合、開店時間に間に合うように作らなければならないため、製造の仕事をする場合は比較的早朝からの勤務が多くなります。そのため、早起きが得意で昼からゆっくりと自分の時間を過ごしたい、という人には向いています。製造には時に力作業が必要となるため、パン生地をこねる作業は男性に任せることもあります。しかし、一口に製造といっても、サンドイッチをつくるなど女性が出来る仕事もあるので安心です。
また、このアルバイトにはレジでの販売という役目もあります。こちらは女性に人気のアルバイトとなっています。また、閉店時に商品が余ってしまった時には、格安で購入出来たり、ときには無料で持って帰ることもできるので、これが女性に人気がある仕事の秘密でもあるのです。
パン屋のアルバイトについて

パン屋のアルバイトについて

数年前にパン屋でアルバイトをしていました。アルバイトを始めた理由は専門学校を出て、作り手としての就職口を探しながら、修行のつもりで務め始めました。最初はレジや品出しメインでしたが、大きなお店ではなかったので、徐々に製造の方のお手伝いをさせてもらえるようになりました。プロの職人さんがいるので、作り方だけでなく手際のよさなどを見て学びながら、自分なりに工夫して作業ができました。今でもその時に学んだことは自分のためになっていると思いますし、就職にも経験があるので有利です。最後にやはり少し余ったおいしいパンを持って帰れるのも魅力ですかね。1年で5キロも太ってしまったので、その辺は注意した方がいいかもしれません。
関東地方のパン専門店のアルバイトは良い

関東地方のパン専門店のアルバイトは良い

若いOLさんが満足することが出来るパンを作れるようになって、彼女を作りたいと考えた私は関東地方のパン専門店でアルバイトとして働くことにしました。20年の経験がある名人からの料理指導をしっかりと受けることが出来たので、お洒落なクロワッサンを作れるようになりました。それだけでなくピザやパイの作り方をマスターすることが出来たので、料理でアピールをして彼女を無事に作る事が出来ました。アルバイトでレジの仕事やお客様を対応する仕事を経験したことで、的確な対応を行なう事が出来る対応力を養う事が出来ました。それに礼儀正しい接客を行なう技術を習得することが出来たので満足しました。無理な休日出勤が一切無かったので良かったです。
パン屋でのアルバイト

パン屋でのアルバイト

たまたま求人広告を目にしたため、僕はパン屋でアルバイトをしてみることにしたのでありますが、それは初めのころは思いもしなかったほど苦労を重ねていってしまいました。その理由を書きますと、まず、商品をつくり始めるのが朝の5時であったり4時であったりと、普段の僕の生活からでは考えられないような時間であったためです。このため、初めのころはたくさん寝坊してしまいましたし、起きれたとしてお店に向かうことはできても、頭が覚醒せずに作業がまったく覚えられませんでした。しかし一か月もたつと、朝一での土台作りの作業をきちんとこなせるようになりましたし、さらに朝早く起きることが苦ではなくなりました。これはパン屋で働いたおかげです。

メリット・デメリット

バイトするにも長所もあれば短所もあります。チェックしておきましょう!

パンのアルバイトのメリットは
パンのアルバイトのメリットは、アルバイトの中でも多く挙げられます。まず、パンのアルバイトであれば多くの場合、パンの製造、販売の工程を任せられるでしょう。その製造にかかわることで、パンの作り方を学ぶことができるというメリットがあるのです。最近では家庭でパン作りも流行っていますが、家庭でできるパンはワンパターン化しがちですね。そこで、お店の味をアルバイト先で学び真似をして作ってみるということが可能なのです。さらに、パン屋のアルバイトではその日に売上げられず余ってしまったパンを廃棄にせず、お店からもらえる可能性もメリットとして挙げられます。美味しいパンを無料で持ち帰ることができるため、独り暮らしの人にとってはとても助かりますね。
パンのアルバイトのメリットは
パンのアルバイトのメリットは、自分が大好きなパンに囲まれて仕事ができることで、眺めることはもちろん香りや味を楽しんだりすることもできます。パン作りのアルバイトであれば、パン作りの工程を目の前にすることができ、勉強にもなりますし、一つ一つのパンへの愛着を持つことや人々に美味しいと言ってもらえる喜びを噛みしめることができます。また、パン屋によっては本物のパン職人のもとで働く機会が手に入りますから、将来パン職人になりたい人にはまたとないアルバイトです。販売だけの仕事だとしても、パンが好きであれば毎日パンと接することができるのでモチベーションが上がりますし、お客様との会話を楽しんだり、お客様の笑顔を見ることができます。
パンのアルバイトのメリットは
いつ食べても美味しいパンですが、どのようにして作っているのかはよく分かりません。パンのアルバイトのメリットはそのパンの作り方を勉強できることです。パンの材料やこね方や焼き方に関する知識が増し加わります。そして、出来立てのパンは本当に香りがよく、良い気持ちになりますが、おいしい魅力的なパンを焼くことができたという充実感があります。お客様がたくさん来てそれを買っていってくれるならなおさらです。そして新しい商品を出すために、いろいろ試行錯誤して作ってみる機会がありますが、それらを試食してどれが一番お客様に喜ばれる味になるのかの検討を一緒にする機会もあります。スタッフと協力して働くことの大切さを学ぶことになります。
パンのアルバイトのデメリットは太る
パンのアルバイトのデメリットは、朝が早いと言うことです。女性は、低血圧の人が多いいので、朝が早いパン屋のアルバイトはとてと大変です。朝は、日が昇る前には、およそ、出勤をしなければなりません。なので、朝が弱い人には、向かないお仕事です。また、パンはとても美味しい匂いがするので、食欲が増します。また、パンは、小麦粉やバター、卵などを使うため、とてもカロリーが高いです。また、小腹が空いたときには、ちょっと食べるのによいので休憩中に食べてしまいます。なので、ダイエットを考えるときには、向かないお仕事です。私も、実際に働きはじめて太りました。なので、働くには自己管理のできる方でないと、大変なお仕事です。

Q & A

パン屋・スイーツバイトの疑問・質問にお答えします。

「パンのアルバイトで作業をする時、ネイルアート等のために爪を伸ばしてもよいのでしょうか?」
爪をのばしていると、爪の中にいろいろなものが入って、作業がしにくいと思います。また衛生面でも問題がでてくるので、原則的には短く整えておくにこしたことはないと思います。
「パン屋アルバイトのアクセサリーは、付けながら働く事は不可能でしょうか?」
あまり好ましくないと思います。飲食店で働くことにおいて一番大切なことは清潔感。オシャレかどうかではありません。外せるアクセサリーは外して仕事をした方がよいと思います。特に揺れるアクセサリーだと、パンについてしまいそうで不愉快な気分になるお客さんもいます。
「パン屋でアルバイトをしようと考えているのですが、どのくらいの髪の色まで大丈夫なんでしょうか」
お客様からみて清潔感や安心感をかんじられるぐらいの色ならいいと思います。あまりの茶髪や奇抜なカラーでなければ、ヘアースタイルをきちんと整えてあれば良いと思います。
「パン屋さんでアルバイトを検討している者です。実際に働く際、ユニフォームは支給されるのでしょうか?」
店舗によりユニフォームを使用している店していない店があります。アルバイトを検討しているパン屋さんの店員さんがユニフォームを着ている場合、実際に働く際には支給されるものと思われます。パンの製造(キッチン)や販売(店内)ではユニフォームが異なる事が多いです。
「パン屋のアルバイトで使用する服装って自分で洗濯しないといけないんですか?」
本来は自分で洗濯する必要はないと思います。ただお店の方針にもよるので、もしも自宅で洗濯したくないなどの要望があったら、雇用主に相談するのが良いでしょう。
「パン屋は朝早くから仕事がありますが、早朝の場合アルバイトの時給は通常の時給にいくらか加算されますか。」
わたしのアルバイト経験を元にすると、早出でも通常の時給に盛り込まれておりましたので、時給は加算されませんでした。応募時に明示があると思うので、気になるようでしたら確認をとると良いでしょう。
「パン屋でのアルバイトをした場合にまかないってどの様なものが支給されるんですか?」
私が勤めていたパン屋ではまかないはありませんでした。店員の特典としては、一般販売価格よりも安く買えるという点だけで、無料で提供されるものはありませんでした。勤めていたパン屋は個人店ではなく、大手の全国チェーン店です。店長によって内容は違うと思います。
「パン屋のアルバイトは実際に作る作業も教えてくれるのですか?未経験でも採用はしてくれますか?」
パン屋で働いていたときに実際に作っていました。その時は一から教えて頂きました。生地の作り方から焼き方陳列の仕方までです。面接のときにパンを作ったことはあるのか聞かれ、ありません(未経験)と答えましたが採用でした。私の場合の実談です。店舗にもよると思いますが、未経験でもやる気があれば大丈夫です。
「友達と一緒に同じパン屋でアルバイトしたいのですが、どこかありますか?」
それは理由によると思います。雇用者は人手が集まることは喜ばしいですし、良いチームワークが築ける人材であれば申し分ないと思います。しかしそれはチームワークによってパンの製造や販売の作業効率が上がるなど相乗効果が期待できる場合に限ります。ただ友人と働きたいという理由では雇用者も不安になると思います。
「パン屋のアルバイトにはパンを作ることや接客をする以外の仕事内容は何かありますか?」
パン屋のアルバイトにはパンを作ることや接客をする以外に、レジ打ちや金銭管理をしたり、商品であるパンをお客様が選びやすいように綺麗に陳列させたりする仕事があります。また、店内や店の前の掃除もあります。
「パン屋でのアルバイトは、髪型や長さ、髪の色には規定があるのでしょうか。」
飲食物を扱っていると言う事で頭髪、髪の色は大切なことだと思います。お客様に対して不衛生な印象を与えないようにしないといけません。自分がお客さんの立場だったら、長い髪の毛はきれいにたばねていてほしいと思います。色も同じだと思います。
「パン屋さんで学生がアルバイトをする場合、パンを作ることは可能ですか。陳列やレジだけなのですか。」
どのようなパン屋さんに勤めるかによるのではないですか。個人商店的なパン屋さんなら、熱意と経験や能力によっては作らせてもらえる場合もあるのではないかと思います。チェーン店等だとレジ担当、パン焼成担当とかって分かれてしまうのが普通だと思います。

パンのアルバイトとは一日立ち仕事になります

パンのアルバイトとは大きく分けて、パンの販売と製造に分けられます。販売は開店から閉店までレジの担当とレジ閉め、焼きあがったパンを店頭に並べるいわゆる品出しの仕事をします。製造の人は、パン生地をこねる最初の仕込みから成形、焼き上げまでを担当します。また揚げパンの場合は油で発酵させたパンを揚げ、サンドイッチの場合は具材の調理から仕上げまで行います。このように惣菜パンなどいろんなパンの種類によって、途中からの作業も少し違ってきます。作業終了後のミキサーや調理器具の洗い物や片づけも行います。片づけや掃除はお店によって販売の人と分担されていることもあります。どちらを担当するにしても、閉店まで立ち仕事になります。また製造のバイトの人は朝が大変早く、早朝6時出勤という場合も多いです。

おすすめパン屋・スイーツバイト

人気のパン屋・スイーツバイト

ページのトップへ